ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年09月28日 14時45分 UPDATE

SanDisk、SDをDRM対応にする新技術「TrustedFlash」発表

SanDiskの「TrustedFlash」では、SDカード自体にDRM情報を持たせることで、複数のデバイスでのコンテンツ再生が可能になるという。

[ITmedia]

 SanDiskは9月27日、音楽、映画、ゲームなどのコンテンツを購入してフラッシュメモリカードに保存するテクノロジー「TrustedFlash」をCTIA Wireless I.T. & Entertainment Showで発表した。SD、miniSD、microSDのフラッシュメモリに対応する。

 同社はTrustedFlashにより、携帯電話やPCからコンシューマーがデジタル音楽コンテンツを購入できるようになるとしている。TrustedFlashは、ほかのDRMとは異なり、コンテンツを特定のホストデバイスにバインドするのではなく、カード自体にデジタル管理情報を持たせるため、カードを移動させることにより別のカード搭載デバイスでコンテンツを再生することが可能になるという。

 SanDiskによれば、EMI Music、Samsung Mobile Communications、Yahoo! Music、NDSといった企業が既に採用を決めている。

 TrustedFlashはOEM向けに2Gバイトの容量まで出荷されている。SanDiskはあらかじめ音楽が収録されているgruviミュージックカードも「近い将来」投入予定。なお、TrustedFlashはセキュアでないホストデバイスに接続されると、通常のカードとして認識される。

 同社は第2段階として、2006年にモバイルコマースアプリケーションをTrustedFlashでサポートし、クレジットカード支払い、交通料金支払い、ワンタイムパスワード認証などを携帯電話で実現可能にする予定だという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.