ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年12月01日 08時39分 UPDATE

Intel、「Viiv」対応のコンテンツパートナーを発表

Intelは、デジタルホームPC向けプラットフォーム「Viiv」に対応したコンテンツ・サービス提供企業を発表。映画のオンデマンドや音楽ダウンロードなどのサービスが登場する予定。

[ITmedia]

 米Intelは11月30日、デジタルホームPC向けプラットフォーム「Viiv」の登場に向け、映画、音楽、ゲームなどの対応コンテンツとサービスを提供するパートナー企業を発表した。

 IntelのViiv技術は2006年1〜3月期に登場予定。同年を通じて、携帯メディアプレーヤー、デジタルメディアアダプタ、デジタルテレビ、DVDプレーヤー、ルータなど、Viiv搭載PCに対応した認定家電が投入される見通し。

 さらに、Viivに対応したインターネットベースのコンテンツサービスとソフトアプリケーション提供を支援する目的で、Intelではコンテンツ企業やポータル、ソフトデベロッパー向けにサポートと仕様、認定ツールを提供。認定製品とサービスには「Enjoy with Intel Viiv technology」のロゴを表示する。

 Viiv対応のコンテンツは、映画やビデオのオンデマンドサービス、音楽ダウンロード、会員制ゲームサービス、写真編集・共有などのサービスが登場予定。パートナー企業として、映画・ビデオ関連ではBroadband Tower、Movielink、NEC、有線ブロードネットワークスなど、音楽ダウンロードではエイベックス ネットワークなど、ゲームではカプコンなどが名を連ねている。

 認定コンテンツとアプリケーションはViiv搭載PCでリモコンを使い、フルスクリーンフォーマットで利用できるようになる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.