ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年12月01日 08時41分 UPDATE

Yahoo!、新しいWebメールサービスでRSSリーダー提供

米Yahoo!は現在β公開中の新しいWebメールサービスにRSSリーダーを組み込む。平均的なRSSユーザーにとっての魅力を高める狙い。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 米Yahoo!は、現在β版が限定公開されている新しいWebメールサービスで、新たにRSSリーダーを提供する。

 Yahoo!の新しいWebメールサービスは、ユーザーインタフェースを刷新してデスクトップ向けの電子メールアプリケーションに近い形で機能する。9月からβテストが開始されていた。

 RSSリーダーは、Yahoo!の現在のWebメールサービスでは提供されない。現在のサービスはいずれ新サービスに切り替える予定だが、その時期は明らかにしていない。

 Yahoo!のWebメールサービスβ版に組み込まれるRSSリーダーは、平均的なRSSユーザーにとっての魅力を高めるのが狙い。Yahoo!内部の調査では、平均的なRSSユーザーが登録しているフィードは6〜7件となっている。

 Yahoo!ではいずれYahoo Mail RSSリーダーの機能を強化して、サブフォルダでフィードを整理できる機能など、多数のフィードを登録しているRSSのヘビーユーザーにとって魅力的な機能を取り入れる計画。

 Webメールβ版のRSSリーダーは、Webに掲載されたフルテキストを、画像も含めて配信できる「フルポスト」リーダーになるという。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.