ITmedia NEWS >
速報
» 2005年12月01日 13時51分 UPDATE

民事再生のイーヤマ、MCJが事業継承

経営破たんしたイーヤマの事業をMCJが継承することで正式契約。MCJはイーヤマのブランドなどを活用し、PC事業で相乗効果を高める。

[ITmedia]

 PCメーカーのMCJは12月1日、民事再生法の適用を申請したPCディスプレイメーカー・イーヤマの事業を継承することで同社とスポンサー契約を結んだと発表した。MCJはイーヤマのディスプレイ生産ノウハウ、国内外の拠点、ブランドなどを活用。液晶ディスプレイの調達力を高め、PC本体との相乗効果をあげていく。

 MCJは2006年2月1日付けで、イーヤマと関連子会社から営業譲渡と株式譲渡を受け、資産やノウハウ、ブランドなどを引き継ぐ。MCJによる資産査定では、受け皿会社の目標値は2007年3月期に売上高約165億円、経常利益約3億円となる見込み。

 イーヤマは11月7日、民事再生法の適用を東京地裁に申し立て、経営破たんした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.