ITmedia NEWS >
速報
» 2005年12月02日 20時48分 UPDATE

NEC、カーボンナノホーンの高純度量産技術を開発

[ITmedia]

 NECは12月2日、カーボンナノホーンを高純度に量産する技術を開発し、市場調査を目的とした無償サンプル提供を始めたと発表した。提供先企業に用途開拓を促進、需要を喚起することで、カーボンナノホーンを低コストで安定供給できる体制の構築を図っていく。

 カーボンナノホーンはカーボンナノチューブの一種。直径2〜5ナノメートル、長さ40〜50ナノメートルの不規則な形状が数百本ほど集まり、直径100ナノメートルほどの球形集合体を形成している。燃料電池や大容量キャパシタなどへの応用が期待されている。

 NECは、炭素のかたまりに二酸化炭素レーザーを照射して製造する「レーザーアブレーション法」の装置を大型化するなどし、室温で純度95%のカーボンナノホーンを1日に1キロ以上製造できるようにした。従来の実験室レベルの装置では1日に数グラム程度が限界だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.