ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2006年01月20日 17時40分 公開

802.11nの仕様案、正式ドラフトとして承認

[ITmedia]

 米電気電子技術者協会(IEEE)は1月19日、高速Wi-Fi規格「802.11n」の仕様案を正式ドラフトとして承認した。

 同規格の仕様案は、Wi-Fi企業が結成した団体Enhanced Wireless Consortium(EWC)が開発した。IEEEの票決で承認されたことで、この仕様案は802.11nの最初の正式ドラフトになった。

 このドラフトは今後、IEEEの批准プロセスにかけられる。IEEEによると、これまでの同様の仕様は、承認に約1年かかったという。

 このドラフトは、最高600Mbpsの転送速度をサポートし、電波の到達範囲もこれまで以上に拡大する。

 通信チップメーカーのBroadcomはこの日、この802.11nドラフトに基づいた新しい無線LANチップセットを発表した。同社はこれら製品をサンプル出荷しているところだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.