ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2006年02月15日 12時18分 公開

RealNetworksの10〜12月期決算、Microsoftとの和解により大幅黒字転換

RealNetworksの10〜12月期決算は、Microsoftからの和解金などにより2億9560万ドルの純利益を計上した。

[ITmedia]

 米RealNetworksは2月14日、12月31日締め2005年第4四半期(10〜12月期)の業績を発表した。売上高は8360万ドル(前年同期は7250万ドル)、純利益は2億9560万ドル。前年同期は100万ドルの純損失だった。

 「2005年はRealNetworksにとって転換期となる年だった。年間利益で過去最高を達成し、黒字化を果たした。独占禁止法に関する訴訟で和解を勝ち取り、ゲーム事業も成長した」とロブ・グレイザーCEOは述べている。

 売上高を部門別に見ると、音楽関連は前年同期比29%の伸び、ゲームは52%伸ばしている。ビデオなどの部門は前年同期比10%減となった。

 同社は音楽サービスの有料会員が140万人を超えたと発表した。ほかのサービスを含めた有料会員数は225万人以上。

 第4四半期の純利益2億9560万ドル(1株当たり1.61ドル)には、Microsoftとの独禁法訴訟和解により受け取った4億7800万ドル、訴訟関連費用の支払いなどが含まれる。Microsoftからは今後5四半期の間に、さらに最大で2億8300万ドルが支払われる予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.