ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年10月29日 08時28分 公開

RealNetworks、音楽・ゲーム好調で黒字転換

RealNetworksの7〜9月期決算は、音楽収入・ゲーム収入がそれぞれ2けた台の伸びを示し、最終損益は1120万ドルの黒字となった。

[ITmedia]

 米RealNetworksが10月27日発表した第3四半期(7〜9月期)決算は、コンシューマー向けの音楽・ゲームサービスが好調で売上高が前年同期比20%増の8220万ドル、最終損益は1120万ドル(1株当たり6セント)の黒字となった。前年同期は700万ドル(同4セント)の赤字を出していた。

 RealNetworksは日本の公共企業の株式を保有していたがその一部を売却し、税引き後約840万ドル(1株当たり4セント)の売却益を7〜9月期決算に計上した。

 音楽収入は前年同期より39%増えて2500万ドル、ゲーム収入は同62%増の1470万ドルとなった。広告などのメディアプロパティ収入は59%増の840万ドル。ビデオ/コンシューマーソフトなどの収入は2360万ドルで横ばいだった。

 有料デジタルメディアサービスの会員は前年同期の155万人から220万人に増大。このうちRhapsodyなど有料音楽サービスの会員は7〜9月期末現在で130万人となり、前年同期の62万5000人から倍増している。

 RealNetworksは10月、Microsoftと争っていた独禁法問題で和解合意を発表。この関連で受け取る総額7億6100万ドルのうち、4億7800万ドルが第4四半期(10〜12月期)に支払われる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.