ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2006年03月16日 07時57分 UPDATE

Microsoft、Windows Liveの広告テスト開始

MicrosoftがWindows Liveのオンラインサービスでディスプレイ広告のテストを開始した。

[ITmedia]

 米Microsoftは3月15日、オンラインサービスの「Office Live」「Windows Live Mail」「MSN Spaces」でディスプレイ広告のテストを開始したと発表した。各サービスとも現在β版が公開中で、運営は広告収入でまかない、ユーザーは無料または低価格で利用できる。

 広告主としてCoca-Cola Brazil、JCPenney、Monster Worldwideなど20社が参加。複数の形式の広告を導入し、それぞれの投資効果とユーザーへのアピール度を測る。

 広告テストを実施するのはオーストラリアとイタリアのMSN Spaces、ブラジル、中国、欧州、米国などのWindows Live Mail、および米国のOffice Live。Office Liveのテスト用広告スペースはすぐに売り切れになったという。

 テストは2006年を通じて実施予定。また、広告主のニーズを把握するため世界9市場で広告主約100社が参加して、追加の調査も実施している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.