ITmedia NEWS >
速報
» 2006年04月10日 16時28分 UPDATE

アナログビデオ機にも「放送終了告知シール」

アナログ地上波チューナー内蔵のビデオデッキなどに、同放送が2011年に終了することを告知するシールが貼り付けられる。終了を広く告知し、購入者に注意してもらう。

[ITmedia]

 総務省と地上デジタル放送推進協会(D-pa)は、店頭で販売しているアナログ地上波チューナー内蔵録画機器に対して、同放送が2011年に終了することを告知するシールを貼ってもらう活動を、4月10日から販売店の協力を得て始めた。

画像 告知シール

 店頭に展示してあるビデオデッキやDVDレコーダー、テレビパソコンなどのうち、アナログチューナーのみを内蔵し、デジタルチューナーを内蔵しない機器に対して、「2011年 アナログテレビ放送終了」と書いた10×35ミリの黄色いシールを貼ってもらう。

 アナログテレビにはすでに、店頭で同シールの添付を始めている。店頭に加え、メーカー出荷時にも貼り付けてもらう計画で、アナログテレビへの添付は6月までに、録画機器は9月までに始めたいとしている。

 告知マークは、取り扱い説明書やカタログなどにはすでに掲載済みという。今後は梱包箱などへの掲載も検討し、告知効果を高めていく。

 現在のアナログ地上波放送は、2011年7月24日に終了する予定(アナログ停波)。アナログ機器のユーザーは、外付けの地上デジタルチューナーを購入するか、デジタルテレビに買い換える必要がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.