ITmedia NEWS >
速報
» 2006年04月14日 16時20分 公開

サラリーマン増税「反対」をブログでアピールも――連合調査

給与所得者の9割以上がサラリーマン増税に反対――連合が、こんな調査結果を発表した。

[ITmedia]

 給与所得者の9割以上がサラリーマン増税に反対――日本労働組合総連合会が、こんな調査結果を発表した。

 調査は、全国の20代以上の給与所得者1028人(男性516人、女性512人)を対象に、3月30日にインターネットで行った。

 サラリーマン増税を知っていると答えたのは22.2%。なんとなく知っている人が60.2%、知らない人が17.6%だった。

 サラリーマン増税について説明した上でどう思うか尋ねると、「絶対に反対」が57.9%、「どちらかといえば反対」が34.6%、「どちらかといえば異論がない」が6.7%、「全く異論がない」が0.8%だった。

 サラリーマン増税に対する賛否の意見を発信したいか尋ねると、「非常にそう思う(発信したい)」が15.3%、「まあそう思う」が47.0%、「あまりそう思わない」が34.4%。自由回答欄には「同じ意見を持つ人同士が集まり、ネットでアピールしたい」「個人のブログで問題提起したい」という意見もあった。

 このまま増税されたとして、必要になる対策は、「遊興費の節約」が77.0%でトップ。「子作りを控える」「共働きする」と答えた人もそれぞれ30.4%いた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.