ITmedia NEWS >
速報
» 2006年04月17日 15時16分 公開

平成電電は「本日中に支援を」

ドリームテクノロジーズが支援を中止した平成電電は「本日中に支援がないと資金繰りに窮し、民事再生手続きを遂行できない」と支援継続を要請。

[ITmedia]

 民事再生手続き中の平成電電は4月17日、ドリームテクノロジーズが同社への支援中止を決めたことを受け、「本日中に支援がないと資金繰りに窮し、民事再生手続きを遂行できない状態に陥る」としてドリームテクノロジーズに支援を求めた。

 平成電電によると、スポンサー契約上は、同社の要請があった場合はドリームテクノロジーズは資金貸し付けを含む必要な支援を行うことになっている。月内に運転資金が不足する見込みとなったため、ドリームテクノロジーズに資金支援を要請したが、「本日まで資金支援を実行いただけてない状況」(同社)という。

 直収型固定電話サービスの「CHOKKA」やADSLサービス「電光石火」は今後も利用できるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.