ITmedia NEWS >
調査リポート
» 2006年05月16日 10時32分 公開

仕事で必須の小物ツール、どう使っていますか?ITmedia Voice

ICレコーダーやデジカメの利用が広がっている。ビジネスだけでなくブログ作成に利用されるケースもあるようだ。デジタルだけでなく、ノートやペンなどの小物ツールも含めて読者の利用方法を聞かせてほしい。

[鷹木創,ITmedia]

 ボーダフォンを買収した時、ソフトバンクの記者会見では孫正義社長にたくさんの記者が群がっていた。その様子をテレビで見ていた筆者の母はこんな疑問をもったようだ。

 「携帯電話みたいなものを孫さんに向けている人がいるけど、直接、会社に音声を送っているのかしら」。本誌読者ならICレコーダーで録音していることは容易に推測できるだろう。最近では、ICレコーダー機能を搭載した携帯電話も少なくないため、実際に携帯電話を向けた記者もいたようだ。

オリンパスの「V-50」

 ICレコーダーのように一見、単機能でビジネス向けのツールでも、面白い利用方法がある。このごろの話題では、その時その時の気持ちを声に出して録音するブロガーもいると聞く。ICレコーダで録音したデータはデジタルデータなので、音声認識ソフトを通じてテキストデータに変換できれば、口述筆記風な作業も可能だ。

 ICレコーダーに限らず、デジタルカメラや電子辞書などのデジタルツールもさまざまに利用されているようだ。ムービー撮影機能を搭載したデジタルカメラをICレコーダー代わりに利用するケースなども便利な利用方法だろう。また、仕事だけでなく、毎日のネタ集めにデジカメや携帯電話のカメラを利用するブロガーもいる。

 PCを自作するユーザーにとっては、デジタルカメラは必須アイテムだ。筆者の例で言えば、分解する前の様子を克明に記録することで、その後に部品点数を忘れて混乱することも少なくなった。電子辞書の例では、通勤時間の暇つぶしにランダムに電子辞書を引いて“トリビア”を蓄える人もいるという。

 こうなるとデジタルツールだけでなく、ペンや手帳、ノート、メモ帳、付箋、ポストイットなど、小物類の利用方法にも興味がでてくる。ぜひ読者の皆さんの利用方法を聞かせてほしい。

アンケートは終了いたしました。ご意見ありがとうございました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.