ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年06月22日 20時40分 公開

MCJとアロシステムのホワイトボックス連合、LLP化

[ITmedia]

 ホワイトボックスPC大手のMCJとアロシステム、MCJ子会社のシネックスの3社は、購買や生産の効率化を図る企業連合「PC・JAPAN」を有限責任事業組合(LLP)として7月3日に設立すると発表した。昨年から展開していた企業連合をLLP化し、他のPCやPCパーツメーカーの参画を促していく。

 LLPの出資金は300万円で、各社100万円ずつ出資する。

 3社は昨年、開発や調達、生産を共同で行う企業連合を設立し、大量購買によるパーツ購入コストの低減や、生産拠点の集約と物流の一本化による効率化などを図ってきた(関連記事参照)

 LLP化で実体を明確化し、市場での活動領域を拡大させる。LLPは機関設計の柔軟性などで優れているとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.