ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2006年06月27日 16時43分 UPDATE

「Xenepic Online」IDとメールアドレス約30万件流出

「ハンゲーム」を通じてサービス中のMMORPG「Xenepic Online」で、ゲームIDとメールアドレス29万7805件や、チャット履歴などの情報が流出した。

[ITmedia]

 NHN Japanとゲームガーデンは6月27日、NHN Japanの「ハンゲーム」を通じて提供しているMMORPG「Xenepic Online」で、ゲームIDとメールアドレス29万7805件やチャット履歴などの情報が流出したと発表した。

 流出したのは、ゲームIDとハンゲーム登録メールアドレスが各29万7805件、アイテム購入やチャット履歴などのゲームサーバログファイル、同ゲーム参加用のパスワード。

 ゲーム参加用パスワードは、ゲームサーバで自動生成されるもので、ユーザーが設定した任意のパスワードではないといい、無効化して不正アクセスを防止する対策を実施した。

 ハンゲームのパスワードやクレジットカード番号など決済情報は流出していないという。NHN Japanによると、同日午前5時時点ではユーザーから被害について報告はないという。

 同社によると、同ゲームの開発会社DNC EnterTainmentとゲームガーデンが共同運営管理するダウンロード用サーバの一部に、誤ってこれらのデータを格納してしまったという。NHN Japanが調査を要請し、事実を確認した上で26日午後3時半に全データを削除し、サーバへのアクセスもできないようにする措置をとった。

 ゲームガーデンは「ユーザーの皆様へご迷惑をおかけしましたことを重ねて深くお詫び申し上げます」と謝罪した。再発防止に向け、社内システムの検証と管理体制の強化を進めるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.