ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年06月29日 08時44分 公開

IEEE 1394、家電分野で復権の兆し

In-Statによれば、PC市場ではUSBに押され気味のIEEE 1394だが、デジタルテレビやCATV用セットトップボックスがけん引する形で家電分野が伸びているという。

[ITmedia]

 FireWireやi.Linkとしても知られているIEEE 1394は、PCと周辺機器の市場ではUSBに押され気味だが、家電の分野で復権の兆しが見られるとする報告書を、調査会社In-Statが6月28日、発表した。

 In-Statの予想では、1394対応機器の世界市場は2005年の1億1580万台から2010年には2億1990万台に増える見通し。デジタルテレビ、CATV用セットトップボックス、DVDレコーダがけん引する形で1394aが伸びているという。

 High-Definition Audio Video Networking Alliance(HANA)でもHDコンテンツ用の伝送媒体として1394を後押ししており、ホームビデオネットワークの分野で1394の採用が加速されるかもしれないとIn-Statは指摘する。

 また、Microsoftは次期OSのWindows Vistaで1394bをサポートすると表明しており、これによって1394が息を吹き返すかもしれないと予想している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.