ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2006年06月30日 19時05分 公開

実用レベルの有機EL白色発光デバイス コニカミノルタ

[ITmedia]

 コニカミノルタホールディングスの技術開発子会社・コニカミノルタテクノロジーセンターは6月30日、発光高率を高めた有機EL白色発光デバイスを開発したと発表した。携帯電話用ディスプレイのバックライトや照明用途として実用化レベルだとしている。

photo

 既に商品化もされている蛍光発光方式ではなく、効率面で優位なリン光発光方式を採用。銀塩感光材料の開発で培った素材技術や工学設計技術を導入するなどして成功した。

 初期輝度が1000カンデラ/平方メートル、発光効率が64ルーメン/ワット、発光寿命が約1万時間と、効率と寿命を両立。3色のリン光発光材料を組み合わせ、バックライトに適した白色発光領域を実現したという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.