ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年08月04日 13時17分 公開

Philips、半導体事業を売却

Philipsは半導体事業を切り離し、医療やライフスタイル関連の事業に注力する。

[ITmedia]

 蘭Royal Philips Electronicsは8月3日、半導体事業を投資ファンドに売却すると発表した。

 同事業の80.1%の株式を約64億ユーロでKohlberg Kravis Roberts & Co.(KKR)、Silver Lake Partners、AlpInvest Partnersに売却し、残り19.9%の株式はPhilipsが保持する。これにより同事業はPhilipsから独立した企業となり、名称もPhilips Semiconductorsから変更される。

 取引完了は2006年第4四半期の見込み。その後、同事業CEOのフランス・バン・ホーテン氏はPhilips取締役を辞し、独立後の新会社の社長兼CEOとなる。

 同事業は約3万7000人の従業員を抱え、2005年の売上高は46億ユーロだった。

 Philipsは今後、医療やライフスタイル関連の事業に注力するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.