ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年08月14日 14時00分 UPDATE

不正なヘルプファイルにご用心――Windowsヘルプに新しいセキュリティホール

米SANSは、Windowsのヘルプ機能に、8月9日に公開されたヘルプの脆弱性とは別のセキュリティホールがあるとして、注意を呼びかけている。

[ITmedia]

 米SANS ISCは米国時間の8月12日、Windowsのヘルプ機能に新たなセキュリティホールがあるとして警告を発した。影響を受けるのは、Windows XP、Windows 2000などWindows OS全般。

 報告によると、Windowsのヘルプ機能に未公開のセキュリティホールがあり、悪意のあるWindowsのヘルプ(.hlp)ファイルを開くと、不正な任意のプログラムを実行させられるという。

 現時点での回避策は、信頼できないWindowsヘルプファイルを不用意に実行しないこと。

 なおこの脆弱性は、8月9日に公開されたマイクロソフトのセキュリティ情報MSO6-046「HTMLヘルプの脆弱性により、リモートでコードが実行される(922616)」におけるHTMLヘルプのバッファオーバーランの脆弱性との関連性はない。MSO6-046を含む8月の月例パッチを適用していても影響を受ける可能性がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.