ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2006年08月30日 07時04分 公開

MSとVerizon、Windows Liveのサービスを提供

従来の提携関係を拡大。Verizonのブロードバンド加入者に、Windows Liveのサービスを提供していく。

[ITmedia]

 米Microsoftと米Verizon Communicationsは8月29日、既存の戦略提携を拡大し、Verizonのブロードバンド加入者に対し、Windows Liveのサービスを提供していくと発表した。2007年前半から提供を開始する。

 両社共同ブランドで提供される新サービスには、ポータルサイト「Live.com」や検索エンジン「Windows Live Search」、電子メールやオンラインチャットのほか、Windows Liveのセキュリティ機能「Windows Live OneCare」も含まれる。VerizonのDSLサービスと光ファイバーサービス(FiOS)への加入者を対象に提供される。

 両社は2002年4月から、ブロードバンドサービスについて戦略提携関係を結んでおり、Verizonでは現在、MSNプレミアムサービスも提供している。MSNプレミアムサービスについては、新サービス開始後も、既存ユーザーに対して提供を続ける。両社では、ほかにもWindows Liveのプラットフォームを利用したサービスの開発を進めているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.