ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年09月09日 07時38分 公開

Gatewayの新CEOにIBM出身のコールマン氏

同社のCEOは、イノウエ元CEOが2月に辞任して以来、会長が暫定的に兼務していた。

[ITmedia]

 米Gatewayの取締役会は9月7日、同社のCEO(最高経営責任者)に、J・エドワード・コールマン氏を指名したと発表した。コールマン氏は9月18日付でCEOに就任する。

 GatewayのCEO職は、2006年2月にイノウエ元CEOが辞任した後、リック・スナイダー会長が暫定的に兼任していた。コールマン氏のCEO就任に伴い、スナイダー氏は会長専任に戻る。

 コールマン氏は、米IBM、米CompuCom Systemsなどを経て、米Arrow Electronicsで上級副社長を務めている人物。CompuComの会長兼CEOを務めていた2003年には、業界誌「Computer Reseller News」の「経営者トップ25」に選ばれたこともある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.