ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年09月21日 20時44分 公開

「社員力を経営力に」 MSが国内法人営業・マーケティングを強化

[ITmedia]

 マイクロソフトは9月21日、国内法人市場向け営業・マーケティング活動を強化すると発表した。日本独自の理念標語(タグライン)を設定し、企業情報システムの基盤としてのソフトウェアの重要性を訴えていく。

 タグラインは「People ready business - 社員力を、経営力に。」。同社は「企業にとって最も重要な経営資源は『社員』であり、『社員』の潜在力を最大限に引き出すことがビジネスの成功につながる」とし、こうした企業を「People ready business」と定義。社員の力を引き出す基盤となるソフトウェアの重要性をアピールしていく。

 CMやWebサイトでのキャンペーンのほか、企業コンプライアンス(法令順守)のためのIT活用やWindows Mobile搭載モバイル端末による生産性の向上──などの具体的な提案を10月以降、パートナー企業と共同で進めていく。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.