ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年12月02日 08時09分 公開

AMDとNVIDIAに召喚状――独禁法違反の可能性

AMDとNVIDIAが、独禁法違反の可能性があるとして、それぞれ米司法省から召喚状を受け取ったと発表した。グラフィックスプロセッサとグラフィックスカードが対象。両社は司法省による調査に協力するとしている。

[ITmedia]

 米AMDは11月30日、米司法省から召喚状を受け取ったと発表した。グラフィックスプロセッサとグラフィックスカードの市場における独禁法違反の可能性があるとして、司法省の調査が行われる見通し。AMDは、10月に完了したATIの買収に伴い、グラフィックスプロセッサ市場に参入した。

 また米NVIDIAも、グラフィックスプロセッサとグラフィックスカードに関する独禁法違反の可能性があるとして、同様の召喚状を米司法省から受け取ったと12月1日に発表した。

 現時点では、AMDおよびATI、NVIDIAに対して、司法省による具体的な申し立ては行われていない。AMD、NVIDIAとも、司法省の調査に協力するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.