ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年02月01日 20時54分 公開

映像解析+RFIDで幼稚園の不審者検知

[ITmedia]

 NECと青山学院は2月1日から青山学院幼稚園(東京都渋谷区)で、監視カメラ映像のリアルタイム解析とRFIDを組み合わせて不審者を検知するシステムを実証実験する。

 監視カメラの映像をリアルタイムに解析。不審者の侵入やうろつき、不審物の置き捨てなどを検知して、アラームを発する。RFIDリーダーも設置。保護者や教職員はRFIDタグを所持し、不審者でないと判断する。

 従来の画像解析システムは、関係者と不審者の見分けが付かないことが誤検知につながっていたため、RFIDタグを利用して検知の精度を上げる。

 実験は28日まで。実験の成果をもとにNECは、公共インフラの監視や介護施設の徘徊検出、工場内の行動認証、店舗内の顧客行動解析などに活用していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.