ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年02月28日 07時37分 公開

Yahoo!の新広告システム、早くも効果――米調査

comScore Networksが発表した分析結果によると、2月初め新ランキングモデルの導入後、Yahoo!のスポンサーつき検索広告のクリックスルー率が上昇している。

[ITmedia]

 Yahoo!の新広告システムで、スポンサーつき検索広告のクリックスルー率が上昇――調査会社の米comScore Networksが2月26日、Yahoo!の新広告システムの効果に関する分析結果を発表した。Yahoo!は、2006年12月に新しい広告プラットフォーム「Panama」を米国で公開後、2007年2月5日には、第2段階として新しいランキングモデルを導入。comScoreは、この新モデルの導入前後のデータを比較した。

 新モデル導入前の2月4日までの1週間をベースとすると、スポンサーつき検索広告のクリックスルー率は翌週(2月11日までの1週間)は5%、翌々週(2月18日までの1週間)では9%上昇した。comScoreでは「Yahoo!の新しい検索ランキングモデルは、既に検索広告のクリックスルー率に好影響をもたらしている」とコメントしている。

 また、クリックの総数に占めるスポンサーつき検索広告のクリック数の比率も、2月4日までの週では10.1%だったのに対し、2月11日までの週では10.6%、2月18日までの週では11.1%と増加した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.