ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2007年02月28日 07時41分 公開

MS、カトリーナ被害復興に寄付

米Microsoftが、ハリケーン被害からの復興に向けた170万ドルの寄付を発表した。

[ITmedia]

 米Microsoftは2月26日、カトリーナ被害復興に向け、ルイジアナ州とテキサス州の非営利組織に対し、170万ドル分の現金やソフトウェア、特別カリキュラムなどの寄付を発表した。

 Microsoftでは、世界各地でのコンピュータリテラシーの向上を目的としたプログラム「Unlimited Potential」を2003年に立ち上げ、これまでに800以上のプロジェクトに対し、2億5500万ドルを提供している。今回のカトリーナ被害復興への寄付は、2007年のUnlimited Potentialプログラムの一部となる。

 同社では、カトリーナ被害直後から既に1100万ドル分の現金や技術面でのサポートなどを提供しているほか、ほかの米国企業と共同での長期的な資金援助なども行っており、今回発表された寄付はそうした取り組みに続くものとなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.