ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年03月14日 07時40分 UPDATE

AT&T、企業向けサービス強化に7億5000万ドル

AT&Tは、2007年に企業向けサービス分野に7億5000万ドルを投資する計画を発表。中国やインドなどの成長市場にも焦点を当て、グローバルIPサービスの拡大などを進める。

[ITmedia]

 米AT&Tは3月13日、企業向けサービス分野を対象に、2007年に7億5000万ドル以上を投資する計画を発表した。グローバルIPサービスやソリューションを拡充し、多国籍企業などへのサービスを強化する狙い。

 今回発表された投資額は、2006年の額に比べ「著しく高いレベル」。VPN(仮想プライベートネットワーク)サービスや企業向けのVoIPサービスなどに、さまざまな新機能を加える計画で、VPN上でグローバルにアプリケーション管理を行う機能や、国境を越えてのリモート管理機能の強化、ネットワークベースでのファイアウォールの拡充などに当たる予定。また、インターネットデータセンターの新設や増強も行う。

 欧州やカナダなどの先進国に加え、中国やインドを含むアジア太平洋地域、中東、南米といった成長市場に焦点を当ててIPネットワークを拡充するほか、Wi-FiやDSL、イーサネット、衛星通信など、さまざまなアクセス技術の展開を強化する計画。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.