ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年03月15日 07時37分 UPDATE

MS、音声技術のTellme買収を正式発表

Microsoftが、うわさされていたTellme Networksの買収を正式に発表した。買収金額は非公開。

[ITmedia]

 米Microsoftは3月14日、音声技術の米Tellme Networksを買収すると発表した。買収金額は非公開。買収取引は第2四半期中に完了する見通し。

 Tellme Networksは、音声技術を使った電話での検索サービスを手掛けており、毎日数百万件に上る電話を受け付け、地域情報や道順案内、株式市場の動き、天気やニュースなどの情報を提供している。また、音声によるバンキングや荷物の追跡サービスなどにも、同社の音声プラットフォームが使用されている。

 Microsoftはこれまで、手書きやタッチ入力のほか、音声による入力技術などを開発してきたが、音声技術については「まだほんの表面を引っかいただけ」とし、今後の可能性が大きい分野と見ている。Tellme買収により両社の技術を組み合わせ、音声認識技術の開発をさらに進めることで、携帯電話向け検索サービス、音声ベースのカスタマーサービスソリューションなど、新しい事業の可能性を探る狙い。

 Microsoftのスティーブ・バルマーCEOは、Tellmeの人材や技術、経験を組み入れることで「新しい製品の波を生み出し、人間とコンピュータとのやりとりを激変させることが可能となるだろう」とした。

 買収後、TellmeはMicrosoftのビジネス部門の一部となるが、事業は今後も、現在Tellme本社があるカリフォルニア州マウンテンビューで継続する予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.