ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2007年03月17日 06時48分 UPDATE

Pretec、USBメモリ搭載の小型RFIDを発表

Pretecが発表した「i-Disk Diamond」は、通常のUSBフラッシュの4分の1のサイズで、RFID機能も搭載。第2四半期までには量産開始予定。

[ITmedia]

 米Pretecは3月15日、ドイツのハノーバーで開催のCeBIT 2007で、同社のUSBフラッシュ「i-Disk Diamond」シリーズの新製品「i-Disk RFID」の展示を行った。

 i-Disk RFIDは、「世界最小のUSBフラッシュと、RFID技術を組み合わせたもの」。45.7ミリx12.2ミリ、薄さ2.2ミリと「典型的なUSBフラッシュの4分の1のサイズ」。丈夫で、防水加工も施されているという。容量は、128Mバイトから1Gバイトまで。病院や空港、倉庫、POSシステムなど、ストレージとID管理が同時に必要となる、さまざまな市場やアプリケーションに応用可能としている。

 i-Disk RFIDは、一部顧客に対しサンプル出荷中。2007年第2四半期までには量産開始予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.