ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年03月29日 12時53分 UPDATE

SAP、「次期CEO候補」アガシ氏が取締役を退任

アガシ氏の退任は、現CEOカガーマン氏の2009年までの任期延長を受け、SAPとの「相互合意」によるものだという。SAPは併せて、「副CEO」職の新設も発表している。

[ITmedia]

 独SAPは3月28日、執行取締役のシャイ・アガシ氏が、4月1日付で退任すると発表した。アガシ氏は、同社のプロダクト&テクノロジー部門の責任者を務めている。SAPとの「相互合意」により現職を退任した後も、米国を拠点に、監査役会の「特別コンサルタント」としてSAPにとどまるという。

 SAPの共同創業者で監査役会会長のハッソ・プラットナー氏は、アガシ氏を現CEOのヘニング・カガーマン氏の後任として共同CEOに据える計画を、「シャイと共有していた」とコメント。だが、カガーマン氏のCEOとしての任期が2009年まで延長となったことから、アガシ氏がより長期にわたりSAPにとどまることは「彼自身のキャリア面でのタイムラインに沿わない」として、後任についての計画を変更するに至ったという。

 SAPはまた、新たに「副CEO」職を設け、同社取締役のレオ・アポテカー氏が28日付で就任することを発表した。アポテカー氏は、カスタマーソリューション&オペレーション部門の責任者を務める人物。副CEO職の新設に伴い、SAPは幹部組織にも変更を加え、主に開発部門担当の幹部がカガーマンCEOに、マーケティングや各地域、パートナー企業などを担当する幹部がアポテカー副CEOに直属することになった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.