ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2007年03月31日 07時59分 UPDATE

ロサンゼルス近郊の学区、DellのPCを無料配布

ロサンゼルス近郊のハシエンダ・ラ・プエンテ学区が行うプログラムでは、DellのノートPCを毎年1600台配布。家庭にはVerizonのブロードバンドアクセスを無料で提供する。

[ITmedia]

 米カリフォルニア州ロサンゼルス近郊の学区で、中・高校生にノートPCを無料配布する。教育へのテクノロジーの活用とデジタルデバイドの解消を目的としたこのプログラムでは、DellのノートPCが毎年約1600台配布される計画となっている。

 ハシエンダ・ラ・プエンテ学区が行うこのプログラムでは、5年生(日本の小学5年生に相当)の生徒にDellのノートPC「Dell Latitude D620」を提供。9年生になると別の新しいPCが提供されるが、古いPCについては、生徒の家族が35ドルで購入することも可能だ。また、9年生時に受け取ったPCも、生徒が高校を卒業する際に35ドルで買い取ることができるという。

 生徒は、配布されたノートPCを学校だけでなく、家に持ち帰って使用できる。プログラムではVerizonと共同で、インターネットアクセスのない家庭に無料のブロードバンドアクセスを提供。各家庭から、オンライン学習リソースなどにアクセスできるようにする。また、Cisco Systemsとの提携により、各学校にはワイヤレスネットワークが導入される予定となっている。プログラムの導入に伴い、学区内の教師にもDellのノートPCが配布されるほか、教師や生徒、その保護者に対するトレーニングも提供される。

 プログラムは、この秋の新学期からスタートする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.