ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2007年04月27日 07時38分 UPDATE

「Lenovoデザイン」のトーチ、北京五輪聖火リレーに採用

300以上のデザインから選ばれたのは、渦巻き型の雲と巻物を組み合わせたLenovoの作品。PCの設計と同様のプロセスから誕生したデザインだという。

[ITmedia]

 北京オリンピックの聖火トーチはLenovoデザイン――オリンピックの北京組織委員会は4月26日、2008年北京オリンピックの聖火リレー用トーチを公開した。300以上の作品から選ばれたのは、中国Lenovoのデザイン。中国の伝統的な巻物のイメージを、滑らかでモダンなデザインと組み合わせた。

torch

 Lenovoでは、トーチのデザインプロジェクトに、国籍も経歴も多様な30人以上のデザイナーが参加。PCの設計と同様のプロセスを採用し、10カ月以上をかけて「現代の技術とオリンピックの精神、中国の伝統文化を融合」した作品に仕上げた。Lenovoでは、「中国に根ざしたグローバル企業として、当社のトーチデザインがオリンピックの聖火リレー用に選ばれて光栄」としている。

 聖火リレーは、2008年3月にギリシャのオリンピアをスタート。日本を含む20カ国をリレーした後、台湾や香港を経て中国に入り、2008年8月8日に北京のオリンピック開会式場に到着することになっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.