ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年06月01日 08時33分 公開

HP、画像認識技術などで中国清華大学と共同研究

HPが、マルチメディア技術の開発で多数の知的財産を持つ清華大学と、共同研究を開始する。主に画像や動画、音楽の認識、分類技術を扱うという。

[ITmedia]

 米HPは5月31日、マルチメディア技術の開発を、中国清華大学と共同で行うと発表した。自動画像分類や表情認識技術、動画や音楽の分析などの分野での研究を行うという。

 音楽や動画などのマルチメディアコンテンツが急増する中、「何百万もの画像や音を認識、分類、処理するため、より進化したツールが必要となっている」とHP。清華大学はマルチメディア関連の研究で多数の知的財産を保有しており、HPは「この分野で世界的なスキルを有する清華大学と手を結ぶことを喜ばしく思う」としている。

 共同研究は、北京のHP研究施設(HP Labs)を拠点に行われる。まず、デジタル写真の自動分類技術、顔や表情認識技術の改善のほか、動画の検索やリコメンデーション機能、音楽分析や検索などの分野に取り組む予定。

関連キーワード

HP | 中国


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.