ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年09月05日 11時59分 公開

「鉄腕アトム」ほか手塚アニメ、米iTunes Storeで販売開始

「マンガの神様」のアニメーション作品が、日本より先に米国のiTunes Storeで販売されている。

[ITmedia]

 米AppleのiTunes Storeは、手塚治虫のアニメーション作品を販売開始した。手塚プロダクションがAppleと直接契約し、テレビ番組、長編映画、短篇映画を配信する。

tezuka

 販売開始されたテレビ番組は、1980年作品の「鉄腕アトム」、OVAの「ブラック・ジャック」、2004年作品の「火の鳥」。いずれも英語吹き替え版で、1エピソード当たり1.99ドル。米iTunes Storeのトップページでバナーが表示されている。

 長編映画として「劇場版 ジャングル大帝」(2004年作品、英語吹き替え)、短篇映画として実験作品の「展覧会の絵」「ある街角の物語」「おんぼろフィルム」「森の伝説」「人魚」「しずく」「ジャンピング」「村正」の販売を予定している。短篇は吹き替えなし。

 日本のアニメーションとしては、米国の日本アニメ専門局FUNimation経由で「月詠」「バジリスク」など12作品が販売されている。

関連キーワード

アニメ | iTunes


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.