ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2007年09月06日 13時09分 公開

東芝、業界最大160Gバイトの1.8インチHDD

東芝は1.8インチHDDとしては業界最大容量となる160Gバイト品の出荷を始めた。iPodなどポータブルメディアプレーヤーへの搭載を想定している。

[ITmedia]
画像 160Gバイトの「MK1626GCB」(左)、薄型で80Gバイトの「MK8022GAA」

 東芝は9月6日、1.8インチHDDとして業界最大容量となる160Gバイトの「MK1626GCB」を開発し、サンプル出荷を始めた。iPodなどポータブルメディアプレーヤーへの搭載を想定。米Appleは同日、同容量のiPod classicを発表した。

 磁気ヘッドとディスク磁気層の改善で記録密度を向上させ、大容量化した。それぞれ平均シーク時間は15ミリ秒。インタフェースは、MK1626GCBがCE-ATA、MK8022GAAがPATA。

 MK1626GCBよりも3ミリ薄く、11グラム軽い80Gバイト品「MK8022GAA」の出荷も、同日始めた。

関連キーワード

ハードディスク | 東芝


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.