ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年09月18日 08時38分 公開

Sprint、定額通話を実現する家庭用基地局「AIRAVE」

自宅からの携帯電話が定額でかけられ、IP電話と自動的に切り替える小型基地局「AIRAVE」を地域限定で導入した。

[ITmedia]

 米Sprint Nextelは9月17日、自宅からの携帯電話が定額でかけられる、韓国Samsung製の家庭用無線基地局「AIRAVE」が、コロラド州デンバーとインディアナ州インディアナポリスの一部の地域の顧客限定で利用可能になったと発表した。年内にはデンバーとインディアナポリス全域、およびテネシー州ナッシュビルまでサービス範囲を広げ、2008年には全国展開する計画という。AIRWAVEの価格は49.99ドル。

 AIRAVEを自宅のブロードバンド回線に接続することにより、Sprintの携帯電話をIP電話として使用できるようになる。AIRAVE利用料は、通常の携帯プランに加え、個人であれば月額15ドル、家族利用なら月額30ドル。自宅から出ると、自動的にSprint PCSネットワークへ切り替わる。

関連キーワード

IP電話 | ブロードバンド | Sprint Nextel


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.