ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年09月19日 16時12分 公開

世界の商品、世界の言葉で――10カ国語のECサイト「Youbuy」

トルコ産の鶏を、トルコ語で購入できる――10カ国語で利用できるECサイトが登場した。「在日外国人がそれぞれの言葉で買い物ができるように」と、在日トルコ人ベンチャーが構築したサイトだ。

[宮本真希,ITmedia]

 トルコ産の鶏・丸ごと1キロ445円、「源氏物語」カレンダー英語版が2100円――各国の食材や外国人向けお土産品が、10の言語で閲覧・購入できるショッピングモール「Youbuy」が、9月14日に正式公開された。

 「それぞれの言葉で日本のお土産や母国の食品などを購入できるように」と、在日外国人が設立したベンチャーが運営。日本語と英語のほか、中国語、韓国語、スペイン語、ロシア語、ポルトガル語、ドイツ語、イタリア語、トルコ語で利用できる。

 扱うのは土産品や食品のほか、国際電話に使うプリペイドカード、国際結婚について書いた書籍など。出店者は言語を選んで出店でき、店舗によっては海外からの注文・発送も受け付ける。


画像 トルコの食品
画像 源氏物語のカレンダー

 オープン時点の出店数は30だが、現在160以上の店舗を構築中で、来年までに1000店、取扱高2億円を目指す。

買い物に困っていた外国人に

 サイトを開設したのは、横浜市のベンチャー企業E-BUYで、社長のアイディン・ヤヒヤ氏はトルコ人だ。留学がきっかけで来日し、15年ほど日本に住んでいる。サイトは2年前から構想し、今年7月に仮公開にこぎつけた。

 在日外国人向けの生活情報サイトは日英対応の場合が多く、複数の外国語に対応したECサイトはほとんどないという。だが入国管理局の資料などによると、英語圏出身の在日外国人はむしろ少数派だ。

 ヤヒヤ社長は「わたしの周りの在日外国人も買い物に困っている人が多く、多言語対応のECサイトを作ろうと思った」という。オズジャン・メテハン最高技術責任者(CTO)は「トルコに帰るとき、お土産を何にするかいつも迷う。毎回おはしというわけにもいかない」といい、Youbuyなら土産も簡単に見つけられると話す。

 一部店舗では海外からでも購入できる。「世界の人が、着物や日本製カメラなどを自分の言葉で購入できるようにしたい」とヤヒヤ社長は夢を語る。

GoogleやYahoo!のようになりたい

 年内に携帯電話用サイトを立ち上げるほか、来年にはオークション機能を追加する予定。在日外国人向けのフリーペーパーやイベントなどでプロモーションし、ユーザー獲得を目指す。

 「YoubuyをGoogleやYahoo!のような世界的ブランドにしていきたい」(ヤヒヤ社長)といい、海外展開も行う。年内にトルコでもYoubuyを開設するほか、ロシアなどトルコの近隣諸国でも展開していく計画だ。

 「トルコでは企業の商品を売るECサイトはあるが、ショッピングモールはあまりない。トルコでの展開を成功させ、ブランドを確立させたい」(ヤヒヤ社長)

関連キーワード

eコマース | ベンチャー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.