ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年09月25日 09時56分 UPDATE

無料通話を「会話のキーワード」に反応する広告で提供――米ベンチャー

β版では、北米の電話番号への無料通話が可能。会話中のキーワードに応じた広告が、PCや携帯電話の画面に表示される。

[ITmedia]

 米Pudding Mediaは9月24日、広告ベースの無料通話サービスを実現するプラットフォームを発表した。会話中のキーワードに合った広告をPCや携帯電話の画面上に表示するというもの。北米在住者はβ版に登録すれば、北米内の電話番号への無料通話を体験できる。ダウンロードや複雑な接続設定などは不要で、通話時間の制限なしで利用できる。

 同プラットフォームでは、音声認識技術により、会話に登場したキーワードを認識、広告を配信する。例えば映画が話題になれば、画面にはその映画の予告編映像やレビュー、近所の映画館の上映時間情報などが表示され、スポーツが話題になれば、言及したチームの試合結果が表示される、といった具合。広告主は、広告配信のためのキーワードを選択でき、広告のほか、サービスオファーの表示なども可能。

 Pudding Mediaでは、このプラットフォームの活用により、携帯通信業者やインターネット電話会社、Webパブリッシャーなどが、新しい通話サービスを提供できるようになると期待する。今後、固定電話やVoIP、携帯電話など、すべての通話にプラットフォームを対応させ、場所に応じたリアルタイムの広告配信を可能にする予定。

関連キーワード

広告 | 無料 | 音声認識 | VoIP


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.