ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2007年10月03日 09時41分 公開

Facebook、ニュージャージー州検事からも召喚状

ニューヨーク州からの召喚状に続くもの。性犯罪者がFacebookに持つアカウント情報の提出に加え、サイトの安全性に関する方針についても説明を求めている。

[ITmedia]

 米ニュージャージー州のアン・ミルグラム検事総長は10月2日、Facebookに対し、前日に召喚状を発行したことを明らかにした。同州の性犯罪前科者とみられるアカウント情報の提出などを求めている。

 Facebookに対しては、既に先月、同州の性犯罪者リストが送付されており、同社は性犯罪者とみられるアカウントを特定、削除したと説明しているという。削除した人数などは不明。今回の召喚状では、性犯罪者とみられるユーザーの名前や電子メールアドレスなど、具体的な情報提供を求めているほか、インターネット上の安全や、未成年者による同サイト利用に関する方針についても説明を求めている。Facebookは、10月12日までに召喚状に対処する必要がある。

 今回の召喚状は、「今年MySpaceに対して発行したものと同様のもの」だという。MySpaceでは、同州の性犯罪者268人がアカウントを所有していたことが判明し、その後、当該プロファイルは削除された。

 Facebookに対しては、9月にニューヨーク州の検事総長が、同サイトの安全性に問題があるとして召喚状を発行している。

関連キーワード

Facebook | 性犯罪対策 | SNS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.