ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2007年10月04日 11時07分 UPDATE

携帯スパイソフトのセキュリティに疑問符――F-Secure

従業員や子供の携帯電話利用を監視するソフトのセキュリティにF-Secureが疑問を突きつけた。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のF-Secureは10月2日付のブログで、従業員や子供の携帯電話利用を監視するソフト「Mobile Spy」の問題を指摘、こうしたスパイソフトのセキュリティについて疑問を投げかけた。

 F-Secureによると、Mobile SpyのWebインタフェースにはつい最近まで、同ソフトで収集された任意の通信データにアクセスできてしまう問題があった。

 Mobile SpyではWebインタフェースでアカウントにログオンしてメッセージを参照する仕組みになっているが、URLにはメッセージIDの番号が表示されており、ここに任意の番号を入力すると、その番号の通信記録が表示されてしまっていたという。

画像画像 Mobile Spyの問題修正前と修正後のメッセージ表示(F-Secureより)

 Mobile Spyを提供しているRetina-X Studiosは最近になってこの問題を修正した模様で、現在は「このページへのアクセス権がありません」とのメッセージが表示されるようになっている。

 携帯電話、スマートフォン用のスパイアプリケーションをめぐっては、7月にも別の製品で同じような問題があったとF-Secureは指摘。問題の存在を否定するベンダーの対応を批判し、こうした姿勢ではほかのスパイツールアプリケーションのセキュリティも疑わしいと述べている。

関連キーワード

F-Secure | 子供 | スマートフォン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.