ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年10月12日 08時45分 公開

AT&T、携帯通信事業のCEOが退任

AT&T Mobilityのスタン・シグマン社長兼CEOが退任。後任は、iPhone導入の取り組みなどを率いたCingularの元COO、ラルフ・デ・ラ・ベガ氏。

[ITmedia]

 米AT&Tは10月11日、携帯通信事業AT&T Mobilityのスタン・シグマン社長兼CEOが同日付で退任すると発表した。後任には、同社のリージョナルテレコム&エンターテインメント部門社長のラルフ・デ・ラ・ベガ氏が就任、シグマン氏は年末まで引き継ぎなどを行う。

 シグマン氏は、同社で42年を過ごしたベテラン。AT&Tのランドール・スティーブンソン会長兼CEOは、同氏を「業界でも最も突出し、熟達したリーダーの1人」と評した。

 後任のデ・ラ・ベガ氏は、2004年から2006年までCingular Wirelessの最高執行責任者(COO)を務め、CingularとAT&T Wirelessの合併や、その後のiPhone導入の取り組みなどを率いた経歴を持つ。

関連キーワード

AT&T | iPhone


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.