ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年01月24日 08時53分 UPDATE

Last.fm、会員以外も利用できる「無料オンデマンド」楽曲サービスを開始

4大レーベルをはじめ、Last.fmがライセンス契約を結んでいるレーベルの楽曲を、3回まで無料で楽しむことができる。

[ITmedia]

 米CBS傘下の音楽ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)Last.fmは1月23日、会員以外でも利用できる「無料オンデマンド」の楽曲配信サービスを、米国、英国、ドイツで開始した。

 このサービスは広告収入で運営され、4大レーベルをはじめ、Last.fmがライセンス契約を結んでいるレーベルの楽曲を、フルトラックで3回までストリーミングできるというもの。ユーザーは、その楽曲をiTunesやAmazon.com、7 Digitalのサイトからダウンロード購入することもできる。この新サービスは、今後数カ月以内に、ほかの国でも提供を開始する予定。

 Last.fmは、会員がPCの楽曲リストを公開・共有するサービスを提供している。好みの似たほかの会員が聴いている楽曲などの「お勧め」をランダムに配信したり、会員間のコミュニケーションも可能。会員数は世界240カ国以上で2000万人以上という。

 Last.fmは併せて、「Artist Royalty」制度も開始した。同サイトに楽曲をアップロードしたアーティストに対し、その楽曲の再生回数に応じてLast.fmが対価を支払うというもので、レーベルに所属しないアーティストでも、楽曲配信や収入の機会が得られるようになるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.