ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年01月25日 19時17分 公開

KDDI、携帯が好調で業績予想を上方修正

[ITmedia]

 KDDIは1月25日、2008年3月期の連結営業利益が4140億円になる見通しだと発表した(前期は3447億円)。携帯電話事業が堅調に推移した結果、前回予想から240億円増える見通し。

KDDIの株価チャートKDDIの株価チャート(1年:縦軸の単位は1000円)

 営業収益予想は、前回から800億円増の3兆5800億円(前期は3兆3352億円)。携帯事業は4〜12月期に137万の純増を獲得し、3月期末目標の3000万契約は達成できる見通し。auのARPUは当初予想から90円増の6240円を見込む。

 営業利益のうち、携帯事業分は前回予想から300億円増の4680億円。固定事業は640億円の赤字で、前回予想から80億円悪化する見込みだが、携帯事業の増益で吸収し、全体では増益に。営業利益の4000億円突破は初めて。

 ただ、ツーカー設備の撤去費など120億円や国内伝送路の減損200億円を特別損失に計上する見込みで、純利益予想は2200億円で据え置く。

関連キーワード

KDDI | au | 上方修正


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.