ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年01月29日 08時40分 UPDATE

視覚障害者向けの携帯電話ソフトが登場

視覚障害者を対象とした新ソフト搭載の携帯電話では、撮影した文書を音声変換してくれる。

[ITmedia]

 視覚障害者の支援団体である米National Federation of the Blindと、米Kurzweil Technologiesの合弁会社、米K-NFB Reading Technologyは1月28日、視覚障害や学習障害を持つユーザーを対象とした携帯電話用のソフトを発表した。

 視覚障害者向けの「knfbREADER Mobile」および学習障害者向けの「kREADER Mobile」ソフトは、どちらも「Nokia N82」上で動作する。

 視覚障害者向けソフトは、携帯電話で撮影した文書を音声に変換、ボタンを押すと読み上げる。一方学習障害者向けソフトは、撮影した文書を音声化するだけでなく、液晶に映し出された文章を拡大したり、1語ずつハイライトする機能も備えている。

yu_phone2.jpgyu_phone1.jpg カメラで撮影した文書を音声変換する

 新ソフト搭載モデルは、1月中に米国、カナダ、欧州、環太平洋地域で発売の予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.