ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年01月29日 08時42分 UPDATE

Google、検索結果の新しい表示方法の「お試し版」を公開

Googleが、開発中の新しい検索結果表示方法を試験的に公開。従来のリスト式表示に加え、時系列表示や地図表示などが利用できる。

[ITmedia]

 米Googleは1月28日、開発中の検索結果表示方法の数々を、公式ブログで紹介した。地図表示や時系列表示などがあり、同社の「Google Experimental」で試すことができる。

 例えば「オリンピック」を検索する際に「Map view」を選択すると、検索結果のリストとともに各結果に含まれる地名などが、1つの地図上にまとめて表示される。表示された地図で目的とする地域にズームして「Update Results」をクリックすると、その地域に絞った検索結果が表示される。

map view

 「Timeline view」では、検索結果リストとともに、画面上部に時間軸を表示。そのキーワードに関する結果が、時期別にどう分布しているかが一目で分かるという。また、地図表示の際と同様に、検索結果を時間軸上で絞り込むこともできる。

timeline

 現行の検索結果表示画面では、各結果(Webサイトへのリンク)の下に、そのサイト内の検索キーワードを含む部分を表示しているが、この表示内容を変更する「Info view」オプションも登場。検索結果ページの右側に表示されるInfo viewパネルから例えば「Dates」を選択すると、検索結果の下に表示されるのは、そのサイト内の日付を含む部分になる。日付のほか、「Measurements(寸法)」「Locations(場所)」「Images(画像)」などを選択することも可能。

list

 このほか、キーワード入力のおすすめを、検索結果数とともに表示する「Keyword suggestions」機能や、Google検索画面上でキーボードショートカットを利用できるようにする機能なども紹介している。

関連キーワード

検索 | Google | 地図 | 検索エンジン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.