ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年03月07日 18時39分 公開

「iPhone 2.0」で充実する企業ユーザー向け機能

発表会場ではAOLやSalesforce.comの開発者が「2週間で作った」iPhone用AIMや販売ツールのデモを行った。

[Daniel Drew Turner,eWEEK]
eWEEK

 Appleは3月6日、iPhoneでのMicrosoft ExchangeのWebメールクライアントのサポートと、主に企業ユーザーから求められていた新機能を提供する計画を明らかにした。

 Appleのスティーブ・ジョブズCEOと幹部らはApple本社で、記者やソフトウェア開発者に対し、iPhone SDK(ソフトウェア開発キット)を6月までに公開し、エンタープライズクラスのアプリケーションの開発をサポートする計画について説明した。

 これにより、サードパーティーの開発者は、Web2.0スタイルのものではない「ファーストクラス」のネイティブなアプリケーションを作成できるとAppleは語った。また、企業ユーザーが最も強く求めていた機能をiPhoneおよびiPod touchでどのようにサポートするかも明らかにした。

 Appleの上級副社長であるフィル・シラー氏は、企業ユーザーがiPhoneに求める機能のトップ10として、プッシュメール、プッシュカレンダー、プッシュコンタクト、グローバルなアドレス帳、Cisco IPsec VPNのサポート、認証・ID管理、無線LANセキュリティ規格「WPA 2/802.1x」への対応、強制的なセキュリティポリシー、多数のiPhoneの一括設定、遠隔初期化を挙げた。

 シラー氏によると、6月リリース予定のiPhoneとiPod touchのシステムソフトの次期アップデートであるバージョン2.0で、これらすべての機能がiPhoneネイティブになるという。

 さらにシラー氏は、Microsoft ActiveSyncプロトコルのライセンスを受けて、iPhoneがMicrosoft Exchageを「ネイティブに」サポートすると語った。同氏はExchangeとの「昔ながらの連携方法」は複雑で信頼性が低かったと語った。従来の方法では、iPhoneでNOC(ネットワークオペレーションセンター)に接続し、次にメッセージサーバに接続し、Exchangeサーバに接続するという手順が必要だった。

 Exchangeのすべての機能がiPhoneのメール、カレンダー、アドレス帳アプリに統合される。iPhoneは複数のメールアカウントを扱えるが、Exchangeのメールアカウントがこうしたアカウントの1つとして加わる。

 AppleのiPhoneソフトウェア担当副社長を務めるスコット・フォーストール氏はiPhone SDKを紹介し、初めてiPhone OSの構造を説明した。Mac OS X同様、基盤にはCore OS、Core Services、Mediaレイヤーがあるが、Mac OS XのCocoaユーザーインタフェースレイヤーではなく、iPhone用に開発したCocoa Touchというマルチタッチ対応のユーザーインタフェースAPIを使っている。

 フォーストール氏によると、Appleの既存のXcode、Interface Builder、Instrumentsと新しいiPhone Simulator(Mac上で「ライブな」iPhoneを再現するソフト)を使えば、開発者はiPhoneおよびiPod touch向けアプリケーションを迅速に作成し、テストし、改良することができるという。

 Electronic Arts(EA)、Salesforce.com、AOL、Epocrates、セガの開発者が、「1人か2人の開発者が2週間で」作ったアプリケーションのデモを行った。EAのゲーム「Spore」やAOLのインスタントメッセージングソフト「AIM」、Salesforce.comの販売ツールなどが紹介された。

 ジョブズ氏は、これらすべてのアプリケーションが「App Store」アプリケーションもしくはiTunes経由でiPhoneおよびiPod touchに直接ダウンロードできるようになると述べた。

 同氏によると、開発者はアプリケーションの販売価格を独自に設定でき、Appleが売り上げの30%を徴収し、開発者はクレジットカード決済処理などに掛かる費用を負担する必要なく残りの70%を得るという。開発者が無料で配布したいアプリケーションは、追加料金なしに無料で配布できると同氏は語った。

 iPhone 2.0アップデートは6月にリリースの予定。iPhoneでは無料で、iPod touchの場合は「わずかな費用」を支払ってダウンロードできるようになる。

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.