ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年05月12日 10時24分 UPDATE

NECが「Curl」を販売 住商情報システムと協業

NECと住商情報システムは、リッチクライアント開発環境「Curl」の販売で協業する。

[ITmedia]

 NECと住商情報システム(SCS)は5月9日、リッチクライアント開発環境「Curl」(カール)の販売で協業すると発表した。

 SCSはNECにCurlを提供し、NECはリッチクライアントソリューションとして拡販する。両社で技術情報の共有やサポート体制の構築、専任要員の育成などを進めるほか、共同で顧客訪問・イベントなどを行う。今後2年間で、両社合わせて100社への販売が目標。

 Curlは1995年にマサチューセッツ工科大学で開発されたプログラミング言語/開発・実行環境。2004年にSCSが全権利を取得し、これまで国内350社以上で基幹業務システムに採用された実績があるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.