ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2008年05月20日 09時29分 UPDATE

Googleの医療情報サービス「Google Health」が一般公開

Google Healthでは提携先の病院から医療記録をインポートしたり、自分で医療情報を入力してオンラインで管理することができる。

[ITmedia]

 米Googleは5月19日、ユーザーがオンラインで自分の医療情報を管理できるサービス「Google Health」を一般公開した。

 同サービスは、ユーザーが自分の医療関連情報を1カ所で保存、管理できるようにする。利用は無料で、Googleのアカウントが必要。ユーザーは症状やアレルギー情報、服薬情報など自分の医療情報を好きなだけ入力でき、「Reference」リンクから疾患や治療に関する情報を見ることもできる。

ah_ghealth.jpg

 提携先の病院や薬局のサイトから医療記録をインポートすることも可能だ。GoogleはBeth Israel Deaconess Medical Center、Cleveland Clinic MyChartなどの医療機関や、Cleveland Clinic MyConsult、ePillBox.infoなど医療関連サービスを提供するサードパーティーと提携している。

 ユーザーが新たな情報を入力するたびに、Google Healthは薬やアレルギー、症状の相互作用の可能性についても調べてくれる。プロフィールに基づいたパーソナライズ医療情報を入手したり、医師や病院を検索することもできる。

ah_ghealth2.gif

 Googleは、Google Healthは優れたユーザー体験を提供し、ユーザーのニーズを満たすことが主目的であり、広告は表示しないとしている。またユーザー情報を安全に保管するため、通常のプライバシーポリシーに加えてGoogle Health固有のプライバシーポリシーも設けていると述べている。

関連キーワード

Google | 医療 | プライバシー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.