ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2015年03月03日 13時28分 公開

スマホからIoT機器に「タッチ」で電話番号切り替え ドコモが「ポータブルSIMアプリ」開発

ドコモは、スマートフォンに挿入されたSIMカードに記録された情報を、SIMを搭載しないタブレットなどに、機器同士をタッチするだけで切り替えられるAndroidアプリを開発した。

[ITmedia]

 NTTドコモは、スマートフォンに挿入されたSIMカードに記録されている電話番号などの情報を、SIMを搭載しないタブレットやIoT(Internet of Things:モノのインターネット)機器などに、機器同士をタッチするだけで切り替えられるAndroidアプリ「ポータブルSIMアプリ」を開発した。

 昨年ドコモが開発したカード型小型認証デバイス「ポータブルSIM」と同等の機能をスマートフォンで実現した。将来は、スマートフォンからカーナビに電話番号を切り替え、スマートフォンで利用している音楽のクラウドサービスをカーステレオで聴いたり、検索した目的地の情報をカーナビへ引き継ぐ――などの応用が可能になるとしている。

画像

 アプリには、接続相手を特定するためにNFCで通信する機能と、電話番号などの情報を親機から子機へ渡すためのBluetoothの接続機能を搭載。電話番号をもつ親機と切り替え先となる子機との接続や、電話番号等のSIM情報の送信が行える。

 ドコモの協力で米Qualcommが開発したSIM制御用ソフトと組み合わせることで、電話番号などを切り替えられる。チップセットのソフトには、親機で電話番号などの情報をSIMから読み出す機能と、親機から受け取った電話番号等の情報を子機で利用する機能を備えた。

 このソフトは、Qualcommが今夏に提供する携帯機器・小型通信機器向けチップセットに搭載される予定。親機側・子機側両方の機能を搭載しており、多様な対応機器が提供されることが期待できるとしている。

画像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.