ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2016年06月01日 10時44分 UPDATE

「内川氏と連絡が取れない」 架空人物の捜索記事を掲載、すぐ取り下げ インサイド「誤解を与えた」

「フリーライターの内川たまき氏と連絡が取れない」――インサイドがこんな記事を掲載したが、約2時間後に取り下げて謝罪した。内川氏は架空の人物だったという。

[ITmedia]

 「フリーライターの内川たまき氏と連絡が取れない。何かご存じの方は編集部まで連絡を」――ゲーム情報サイトのインサイドが6月1日未明、こんな記事を掲載したが、約2時間後に取り下げて謝罪した。

 読者からは内川氏を心配する声があがっていたが、インサイドによると、内川氏は架空の人物で、記事はゲームを紹介する企画記事だったという。「一部の読者に誤解を与え、不快に思われる表現もあった」と謝罪している。

画像 掲載された記事(現在は削除)
画像 インサイドの謝罪

 記事は1日午前0時付けで掲載。「インサイドに寄稿している内川氏と連絡が取れない。4月中旬に、ゲーム『カリギュラ』の原稿送付メールを受け取ったのが最後だ。連絡可能な人がいれば、担当編集者が探している旨を伝えてほしい」――という内容だった。

 記事の読者からは、「無事に見つかるといいんだが」と心配する声や、「内川たまきというライターが書いた記事がほとんど見つからないが、架空の人物では」と疑う声、「もし架空の人物で、ゲームの広告目的ならば、読者の善意を悪用した悪質な広告では」という批判の声があがっていた。

 インサイド編集部は約2時間後に記事を取り下げ、経緯を説明する文書を掲載。記事は「カリギュラの企画記事として独自に作成したものであり、内川たまきというライターは実在しない」と打ち明け、「お客様に誤解を与え、ご不快に思われる表現がありましたことをお詫び申し上げます」と謝罪した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.